2010年3月29日月曜日

異常気象

なんだか、そうとう間が開いてしまった。
いまは、暑季で、それも3月4月は、酷暑季という1年でもっとも暑い季節。
35度前後の毎日が続く。
だけど、最近、雨が多い。いきなり突然雨が降り出す。
特に、豪雨のように。1時間~2時間で、すぐやむのだけど、この時期はほとんど雨が降らない季節だから、なんかおかしいとよく言っている。

異常気象は、ラオスでも起きているのだろうか。
それとも気候が変化しつつあるのだろうか。

傘なんて持って、街を歩かないから、雨が降ると本当に困る。
とりあえず、どこかで一休み。。。

では。

2010年3月9日火曜日

英語と。

こんばんは。

更新のペースが、週1日くらいになってきている。
今日、3月8日は、国際女性の日で東南アジアでは祝日になっている国が多い。ラオスも祝日なので、今日は、会社がお休みだった。

日本に比べるとラオスは、祝日の数がすごく少ない。
ラオスに来て、初めての祝日だ。
次の祝日は、ここ一番の楽しみである「ピーマイラーオ(ラオス正月」である。3連休となり、街では水かけ祭りが行われる。

最近、バーによく行く。バーの名前は「サムローバー」
サムローとは、クメール語(カンボジア語)で人力車を自転車にしたような乗り物。店にも掲げてある。
オーナーがカンボジア人だから、この名前になったのだろう。

このバーに週に2,3回通っては、欧米人や英語の話せるラオス人に声かけて、話をする。
話と言っても、分からないことだらけだけど、ほんのちょっとずつ、相手の言っていることが分かるようになる。
同じようなフレーズを使ってくるから、少し聞けば、言いたいことが理解できたりする。やっぱり慣れなのかなと思う。
こっちが分からないといえば、ゆっくり話してくれたりするし、分からなければ、相鎚を打てばよい。

うちの社長も、ラオスに支店を構えた時、全然英語が話せなかったの
だけど、このサムローバーで話せるようになったのだという。
英文はかなり読めないけど、発音はすごくいいらしい。

お酒を飲めば、気持ちも大きくなるし、緊張も少なくなる。
ここはアメリカじゃないから、
たとえば、複数形なんてどうでもよかったりする。

でも、相手の言ってることが分からなければ、
何にも話を続けることができないから、まずは聞くことかなと思う。

今まで、頑張って英語の勉強をしてきて、もちろん英文を読む力とか、
勉強し始めから比べれば、格段に上がっている。
そして、東南アジアで仕事をすることを目標にして、どうにか勉強を続けてきた。
「英語力の成果が認められて」ということではないけれど、とりあえず、目標は達成された。かなり、運とタイミングがよかったのだけど。
だから、まずは仕事をしていくことを優先して、
英語は楽しみながら、やっていこうと思う。
いい会社だし、夢と希望もあるし。
以前から、よく言われるけど、やっぱり仕事運は強いのかな。。。

ではでは。

2010年3月3日水曜日

いや~

こんばんは。

仕事がなかなか大変である。
当たり前だけど、大変である。

旅行業というのは、やることはすごく分かりやすいと思う。
結局のところ、お客様がしたいことを実現するだけなのだから。
それに、旅行というのは、国内であれ、海外であれ、誰しも経験したことがあると思うから、イメージはしやすい。

だけど、例えば、お客様によって、要望の出し方は全然違くて、「ここと、ここに行きたい」程度の人もいれば、事細かに旅程案なるものを作成する方もいる。
もちろん、どちらも精一杯、出来る限り実現できるようにしたい。
自分そうだが、欧米人と違い、日本人の場合、休みを1ヶ月とか2ヶ月とか、ふつうは取れない。
だから、お客様の旅行期間はそう簡単には伸ばせない。
その旅行期間に、いかにお客様が実現したいことを100%に近づけるかが勝負だと思う。

そんな偉そうなことを書いていても、まだまだ全然できないことが多い。
例えば、マイナーな地域だったりすると、現地の旅行会社にガイドや車の料金を都度尋ねたりする。そのために、ラオス人に電話で聞いてもらうのだけど、自分がまず、ラオス人に電話でこれこれを聞いて欲しいとお願いしなければならない。つまりは、言葉の壁だ。
海外に来ているのだから、そこは当然通る道だし、ラオス語の分かる日本人なんて、
ごく少数だと思うから、みんなゼロから始める。
だんだん分かるなるとみんないうから、そうなんだと思うけど、まあ、大変だ。

ごちゃごちゃいろいろ書いているけど、
「これではダメだ」とか、「やらなきゃいけない」と考えることがとても多い。
今までの仕事で、一番強くそういうことを考えている気がする。

社長といくらでも話す時間はあるし、小さい会社だから、自分が頑張っていけば、
間違いなく、それ相応の給料も地位も与えてもらえる。
そして、もっともっと面白い仕事ができるのも間違いない。
それが人生の充実に繋がると思う。
そしたら、親孝行もできるだろうし。。。

まあ、とにかく、がむしゃらにやることだと思う。
ちなみに、うちの会社のテーマが「がむしゃら」とのことだと思う。

では。

2010年2月27日土曜日

夏目漱石「こころ」

こんにちは。

夏目漱石の「こころ」を、昨日読み終えた。
この作品は、上「先生と私」、中「両親と私」、下「先生と遺書」の3つに分かれているが、下「先生と遺書」が全体の半分を占めている。
残り100ページくらいあったが、読み進めて行くうちに、どんどん話が盛り上がって行き、途中でやめられなくなり、今朝方5時過ぎまで、読み続けてしまった。

その感想だが、これが難しい。
何というか、絵画を見ているようで、自分の心に入り込んでくるのだが、それをことばで表現できない。

人の心というのは、自分がある相手に対してすごく嫌だと思っても、ちょっとしたきっかけで、自分も知らぬ間にそういう人間になってしまうこともあるということだろうか。
「生まれながらの悪人はおらず、善人がある日突然、悪人になる」ということだろう。

こういう本は、日をおいて、歳を重ねて、何度も読んでいくことが大切なのだと思う。

私は、小さいことから読書なんて全然しなかったが、これから、少しずつ読んでいこうと思う。古い作品を中心に。そのために、文庫本をいろいろ持ってきた。
文庫なんて、数百円だから、それだけでこれほどの知識やある人の経験・体験を知れるのは、確かに効率的だと思う。故人には、もう会うことは難しいのだから。

ではでは。

2010年2月22日月曜日

お粥

今日は、平成22年2月22日です。
だからどうしたといわれれば、それまでですが。。。

こんばんは。

日曜は、体調を崩していた。下痢はするわ、体が重いわで、起き上がれず。
でもトイレに行かなきゃいけないから、頑張って起き上がるけど、
便器に腰をかけると、しばらくそのまま。立ち上がれない。
もともと、下痢が多いから、トイレに行くことが多く、最近はけっこう居心地が良い。
そして、どうにか部屋に戻るとベッドに倒れる。
いやいや、大変な一日だった。

とにかく寝てしまったため、月曜の朝方まで眠れなかった。
だから、せっかくだからということで、食べてみたかったお粥を朝食に食べた。
お粥なら、消化もいいし、胃にもやさしい。
お粥の店は、朝しかやっていない。
だから、朝早めに起きないと食べられないのだ。
これがおいしい。日本のお粥と同じ味だし、お粥好きにはたまらない。
今度は、梅を持参で食べに行こうかな・・・

時間を少し、戻してみよう。なぜ、体調が悪くなったか。
これが直接の理由かわからないけど、
先週の土曜、社長さんとともに、みんなで高級和食で昼食を取り、そのあと自分と社長さんと二人でで、行きつけのワインバーに行った。ワインとシャンパンを1本ずつ開け、そして、また和食へ戻り、日本人板前さんの寿司をで締めた。

というのも、しゃっちょうさんが、久しぶりに1週間以上のラオス滞在をしたので、最後にご飯を食べましょうということで始まった訳だけど。
もしかしたら、寿司にあたったのか、飲み過ぎだろうか。

ただ、ワインバーでは、いろいろな話ができた。
仕事のことや、ワインのこと、これからの会社のことなど、いろいろである。
前々から、言われていることだけど、想像を超える期待を持たれている。
でも、それを想像ではなく、現実にしないといけないのだと常々思う。
その現実が、社長さんの一つの、幾つかある中の一つの目標でもあるのだから。
そのために、いろいろな店に連れて行ってくれたり、いろいろな話をすることができる。だからこそ、それを無にできない。

昨日、30歳となり、30代が始まった。30代をどう過ごすか。
少なくとも、20代を過ごした日本ではなく、
30代の大半はラオスを始め、東南アジアで過ごすだろう。
おみくじは1年を占うが、10年を占うおみくじがあったら面白い。
想像が現実になれば、間違いなく20代とは全く違う10年となる。
でも、それもこれも、自分次第なのだけど。

ではでは。

2010年2月16日火曜日

握手

こんにちは。

ラオスに来て思うこと。
それは、握手をすることが多くなったということ。

誰かに会うと、握手をして、お別れをする際にも握手をする。相手が日本人であっても、お互い礼をしたあと、握手をすることが多い。
日本にいたときは、握手をすることなんてほとんどなかった。
でも、ラオスでは握手をよくする。自分から握手を求めることも多い。

握手をすることはとてもいいことだと、最近よく思う。小さなことだけど、気持ちが通じ合うことも多いのではないだろうか。

今日は簡単だけど、この辺で。

2010年2月15日月曜日

Skype

更新があまりできていません。ごめんなさい

今日は旧暦の1/15に当たり、ラオスの中国正月(Chenese New Yearになります。赤い服を着て太鼓をたたいて、市内を歩いていました。
ラオスには年3回の正月があります。1月1日のいわゆる正月(国際正月)、2月の中国正月、そしてなんと言っても、4/14~16のラオス正月です。
水かけ祭りです。私は、この4月がとても待ち遠しいです。

ところで、Skypeがすごい。
こんな動画もろくに見られず、10年前の日本のような速度のラオスから、日本と普通に電話ができてしまう。その上カメラがあれば、テレビ電話になる。音声も映像も十分耐えうるものだ。音質も携帯より良いように思う。
なにより、これがタダ(無料)なんだから、普通に電話するのが馬鹿らしくなる。
旅行業界は、海外とのやり取りも多いためか、Skypeが普及している。今までいたIT業界は、Skypeのセキュリティ的な危険から、使わないようにしている。業界によって、こうも違うというのも、なかなか面白い。

ということで、Skypeしましょう。
コメントとかで、Skype名を教えて下さい。

では

2010年2月8日月曜日

ひょんなことから

こんばんは。

かなり酔っています。
というのは、、、

夏目漱石の「こころ」を1時間ほど読んでいたら、集中力が低下し、疲れてきてお腹が減ってきたので、夜中によく行く近くのヌードル屋さんに足を運びました。

そしたら、日曜のためか早めに店じまいとなっており、道路をはさんで反対側の屋台に立ち寄りました。フーという細麺にあんかけをかけたようなものがあったので、食べることにしました。
(あとで名前を聞いたのですが、忘れてしまいました。。。)

そしたら、座るところがなく、ご相席ということでみんなで飲んでいるところの脇に座りました。(相席なんて、ラオスは当たり前です)
そしたら、ビアラオを差し出されて、一緒に飲み出しました。

そしたら、飲むわ飲むわ。ほんとよく飲みます。誘われると断れない性質(たち)なので、飲みました。もちろん楽しかったんですけど。
少しずつ、ラオス語も単語ベースではあるけど覚えてきているので、英語を交えながら、会話をしていました。
日本人もそうだと思いますが、外国人に日本語で言われると嬉しいものです。だから、英語ではなく、ラオス語で「おいしい」(セープ)とか、「これは何ですか」(アイニー、メーンニャン)とか。
極めつけは、「ありがとう」(コプチャイ)でThank youと言うより、ラオス語で言った方が、ラオス人の笑顔が違うこと気付きます。ことばに気持ちが含まれているのでしょう。
人は伝えようと思えば、どうにか伝えようとするものです。

そして、かれこれ、2時間、12時頃食べに出たのに、帰ってきたのは2時です。そんなはずじゃなかったのに。。。

でも、すごく楽しかった訳で、かなり酔ってしまいました。
また、お会いできるかな。。。

そのようなところです

シェイク

こんばんは。


ラオスには、M-point Martというコンビニが点在しています。
コンビニというのは、落ち着くもので、思わずいろいろ買ってしまいます。

そして、コンビニの前にあるのが、EXPRESS CAFEです。
ここでは、ドリップコーヒーを売っているのですが、私はいつもシェイクを注文します。いろいろなフルーツをその場でミキサーに入れて、シェイクにしてくれるのです。

たっぷりカップに入って、8000kip(83円位)!
特に、バナナとマンゴーがとてもおいしい。面白かったのは、メロン(Melon)を頼むとスイカを出してきたことです。スイカは、watermelonですが、単に、melonとも言うそうです。じゃあ、メロンはどういえば、いいのだろう?メロンもおいしかったけど、次はスイカも頼んでみようかな?

というわけで、写真はフルーツミックスシェイクです。

2010年2月6日土曜日

2,000円札

こんばんは。

日本では、2,000円札が全然、普及していない。2という単位に馴染んでいないためだと言われている。

ラオスの通貨、キープは現在、紙幣しか使われていないけど、2,000kip札、20,000kip札がある。使っていると、なかなか便利なものだと思う。例えば、ヌードルなどを食べると、1万数千kipという金額が多いが、10,000kip札だと、2枚いるし、50,000kip札だと大きすぎる。20,000kipが丁度いい。
6,000kipとか、8,000kipという金額の場合も、2,000kip札なら、3枚で済むし、5,000kip札よりも財布に入っている枚数が多い場合が多い。

個人的には、使いやすいなあと感じています。便利だと思う。慣れなんてものはすぐです。使い始めれば、結構便利なものだと思います。
一度、普及させればいいだけだと思います。

ただ、ラオスの場合、流通しているものが全て紙幣で、硬貨が存在しないため、紙幣が多すぎて整理できない場合がある。最近は慣れて来ましたけど。

では。